30代から40代にかけて徐々に髪にボリュームがなくなり、頭頂や生え際あたりから禿げが目立ち始めます。育毛剤や育毛シャンプーもいろいろありますが、頭皮のケアに加えて生活習慣の中で注意すべきも結構あります。食事や睡眠など生活習慣の中で薄毛対策につながることを紹介したいと思います。

(1)栄養バランスの良い食生活
 髪の健康を保つには何より髪にしっかりと栄養を送ることが大事です。体内への栄養の補給は3度の食事が基本ですが、特に薄毛を考慮した食事を考える場合、髪の毛の主要な構成成分である良質のタンパク質を摂取する必要があるでしょう。肉や魚などの動物性たんぱくもありますが、脂肪の過剰な摂取を控えようとする場合は、豆腐や納豆、ごまなどの植物性たんぱくがよいでしょう。また、タンパク質の合成を促す亜鉛の存在も無視できません。亜鉛を多く含むあさりやしじみなどの貝類、ひじきなどの海藻などもおすすめです。他にはビタミンやミネラルもよいので食生活の中で積極的に採り入れるとよいでしょう。逆にたばこやアルコールなどは薄毛を促進するものなので、極力控えた方がよいです。

(2)良質な睡眠
 健康な体を維持するためには睡眠が大事です。睡眠は量だけではなく質も大事であり、長い時間寝ればよいということでもありません。深い眠り、質の良い眠りを確保することが昼間の活力にもつながります。髪の毛を含む人間の体の細胞は夜間に形成されるので、肌や髪にとっても睡眠の確保が大事なのです。加齢とともに夜中に起きてしまったり、深い眠りにつけないことが多くなりますが、昼間軽い運動をしてみたり、睡眠前にぬるめの風呂に入浴するなど、ぐっすり眠るための方法はあります。自分なりに工夫して良質な睡眠を確保することが薄毛対策につながります。
 
(3)ストレスの少ない日常
 仕事が忙しかったり、極度のストレスを抱える人が円形脱毛症になることがよくあります。精神的なストレスは体をむしばんでしまうこともあり、若い人でも髪が薄くなったり白髪になることもあります。ストレスが多いと体調不良や肌荒れになりがちでもあり、ストレスが少ない生活を送るにこしたことはありません。ストレスというのは厄介でなかなか自分自身でコントロールが難しいのですが、簡単にできることとしては日頃からくよくよしないこと、週末は日常から離れて発散することなどが考えられます。趣味やスポーツに没頭するのもよいでしょう。自分なりのストレス発散が薄毛対策になります。

 このように、加齢による薄毛対策は育毛剤の塗布などの直接的な方法だけでなく、日常生活の中で気をつけるべきことが結構あります。高額の育毛剤を使っていてもストレスや不摂生を重ねていては台無しになってしまいます。頭皮と髪の健康を維持するために、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

薄毛に悩んでいる方こそ対策をしよう!

薄毛に悩んでいる方、年齢的にそろそろ心配になってきている方のために、薄毛対策に効果のある生活習慣を紹介しましょう。
まずは、適度な運動。頭皮の血行不良が薄毛の原因になっているケースが少なくありません。「薄毛対策や育毛のためには頭皮マッサージが有効」という話を聞いたことのある方もいるでしょう。
マッサージによって血行を良くするわけですが、おすすめなのが全身を動かすことによって、血行を良くするという方法です。手軽にできるウォーキングや、仕事の休憩時間や、作業が一段落した時のストレッチが効果的です。
特に、朝、やや速足でウォーキングをすると、全身の血行が良くなります。
次が、バランスの良い食生活。毛髪はたんぱく質で出来ていますので、大豆食品など、良質のたんぱく質を含む食品を意識的に摂るようにしましょう。また、バランスの良い食事にするためには、1日に取る食品の種類の多くする必要があります。「1日30品目」を目安に、ビタミンやミネラル類など含む、多種類の食品を摂取するといいでしょう。
また、良質な睡眠も、薄毛予防や薄毛対策にはかかせない生活習慣です。眠りが浅かったり、睡眠時間が短かったり、不規則だったりすると、育毛に支障が出てしまいます。
睡眠時間をじゅうぶんに確保することも大切ですが、同時に「質の良さ」も心がけましょう。飲酒は催眠効果はありますが、眠りそのものは浅くなってしまいますから、結果、髪には良い影響は与えません。
食事は就寝4時間前までには取るようにすること、ぬるめのお風呂にゆっくり入ること、就寝の前にスマホやパソコンなどを見ないことなどが、良質の睡眠をとるためのポイントになります。
最後に一つ、NGの生活習慣を紹介しておきます。それは、喫煙。タバコにはニコチンやシアン化水素などの有害物質が含まれますし、タバコを吸うことで一酸化炭素が体内に取り込まれてしまいます。これらはすべて育毛の妨げになるものばかり。「体に悪いものは、髪にも悪い」のです。
以上、薄毛対策に効果のある生活習慣を、NG習慣を含めて紹介しました。参考になさってください。

薄毛対策は誰にだって今すぐできる!!

薄毛対策のために食習慣の改善やヘアトリートメントなど様々な方法に取り組んでいる人は多いでしょうが、1日に数分の頭皮マッサージを日課とすることによっても薄毛対策を行うことが出来ます。そこでおすすめしたいのが次のような頭皮に優しく且つ血液を循環させるためのマッサージ方法です。マッサージ全体の流れとしては、首の後ろから始まって後頭部、側頭部、頭頂部という順で行い、親指を除く4本の指でツボを意識して指圧しましょう。まずは首の後ろです。後頭部の下のくぼんだ場所に「あ門」と呼ばれるツボがあり、そのツボから指2本程度外側にある「風池」と呼ばれる生え際当たりのツボを親指で押し上げるように指圧しましょう。肩こりを解消し頭皮への血行促進に効果があります。次に後頭部は先ほどの「あ門」のツボに親指をあてて左右順番に指圧します。多少強めに押すくらいが心地よいでしょう。側頭部は指の腹を使って耳のすぐ上の「角孫」のツボに4本指をあてます。そのままゆっくりと4本指で円を描くように側頭部全体をマッサージしましょう。そのまま徐々に上にずらせていきながら移動していきます。血流を上に上に送っていくようなイメージです。

良かったのは何といってもfacebookでも話題になって薄毛対策ガイドさんに載っていたボタニカルでの薄毛対策です。
参考になるので是非読んでみると良いでしょう。
そして頭頂部は「百合」と呼ばれる眉間と両耳からの線が交差する頭頂部のツボに両手の中指をあてて、ゆっくりと指圧しましょう。爪を立てずに指の腹を意識し、気持ちが良くなる程度の圧迫を行います。血行促進効果によって頭痛や不眠改善にも有効です。これらの流れで行う頭皮マッサージのポイントは、絶対に爪を立てずに指の腹を使うことです。必ず始める前に爪を切っておくようにしましょう。そして、頭皮が固いと感じられた部分は、血流が滞留している可能性があるので重点的に指圧すると良いでしょう。また、頭皮が乾燥した状態で行うと傷つけてしまう恐れがあるので、マッサージのタイミングとしては風呂上りや育毛剤をつけた後などの頭皮が柔らかくなった時が理想です。これらのツボを押さえるコツとポイントを守って正しい頭皮マッサージをすれば、有効な薄毛対策になるはずです。ださい。

薄毛対策とハゲ予防

薄毛の改善や予防に効果的な対策方法としておすすめなのが、次の6つの方法です。1つ目は生活リズムを正すことです。毎日出来るだけ同じ時間に起床、就寝し、食事も決まった時間に摂るようにすることによって、体内時計のリズムと自律神経を整えるようにしましょう。頭皮の血流の流れを健全に保つことにつながります。2つ目は育毛剤の活用です。特に遺伝による薄毛を引き起こす原因物質の一つである「ジヒドロテストステロン」を阻止する成分を配合した育毛剤を使用することによって薄毛対策効果を期待することができます。3つ目は十分な睡眠時間を確保することです。一般的に髪の毛は22時から2時の間に成長するとされているので、この時間帯に起きて別の活動をしていると、髪を成長させるための栄養分を余計なことに浪費してしまうことなるので、しっかりと就寝状態になれるようにスケジュール管理を心がけましょう。4つ目は食生活の改善です。髪を育む栄養素としては、ビタミンやミネラル、アミノ酸などが挙げられます。

nukege

これらの栄養分は緑黄色野菜や海草類、青魚、牛乳、肉類、卵類などに多く含まれています。一方でスナック菓子やカップラーメンなどのジャンクフードは過剰な塩分、油脂、糖分を含んでいるので血行悪化を引き起こし、育毛を妨げることにつながります。大切なのは色々な栄養素をバランス良く摂取できる食生活を心がけることです。5つ目は薄毛対策のプロに相談することです。具体的にはリニックで専門医による専門的な治療を受けることです。多少、費用はかかっても最新の機器を使って頭皮の状況を正確に把握した上で、最適な改善方法を指導してもらうことが、逆に薄毛改善の近道になるはずです。6つ目はストレスを上手く発散することです。ストレスは血管の収縮を引き起こし、頭皮の血流を悪化させる原因になります。更に強い精神的なストレスを受けると円形脱毛症を引き起こしてしまうケースもあるため、日頃から趣味や運動などを心がけてストレスをためこまないようにすることが大切です。

睡眠だって薄毛対策には有効的

朝起きて枕周辺を見てみると抜け毛が増えている事を確認出来る事があります。季節の変わり目に抜け毛が増える事は大して珍しいことではないのですが、抜け毛が増加した状態がずっと続いてしまうのは、何らかの体調の変化がある事が考えられます。

多くの場合、抵抗力が弱まったりして抜け毛が増えてしまう事がありますが、あまりにも長く続く場合には薄毛の状態が悪化しているといえます。

特に男性の場合には、男性型脱毛症の可能性があるので年齢が若かったとしても、ハゲになってしまう可能性は十分に考えられます。

男性型脱毛症の症状が現れるのは、遺伝の影響も考えられます。男性ホルモンが特別な酵素に反応して、DHTといわれる問題の物質を作り出す症状は、遺伝子の関係で酵素が反応しやすい人がいるのです。

その状態を確認する為に育毛専門のクリニックに足を運ぶ事も有効であり、クリニックでカウンセリングをすることでAGAの症状で、どのような対策が可能であるのかは相談する事ができるのです。

そのままAGA対策を依頼することも可能ですが、毎月のようにかなりの予算を考慮する必要があるため、長期的にその予算を維持できるのかどうかがポイントになってきます。

薄毛対策は、基本的には自分で自己管理を調整することから始めていくべきです。薄毛になってしまう要因は、食事の問題であったり、飲酒や喫煙、または睡眠時間やその他のストレスなど様々な問題が影響してくるため、自分なりの問題点を見つける事から始めるべきです。

薄毛になってしまう要因を突き止めて対策をしていかないと、抜け毛はどんどん増えてしまい将来的にハゲてしまう可能性はどうしても増えてしまいます。

その可能性を減らす為の対策を早い段階から売り込んでいく必要があります。生え際が後退して髪の毛全体のボリュームが苦無くなってしまうと、急いで対策をしても以前の状態の髪の毛の量に戻す事が困難になってしまいます。

そんな事から、育毛剤での対策やシャンプーなど、できる事を幾つも試していく習慣が必要です。

こんにちは。私は1年ほど前、ある事にとても頭を悩ませていました…
それは、薄毛についての悩みです。
まず最初に薄毛であることに気付いたのは友人の指摘でした。
何気なく友人が私の頭頂部を見て、ツッコミを入れるように「ハゲてるやないか」と言い放ちました(^^;;
私は自分が薄毛であるという自覚がそれまで全く無かったので(寧ろフサフサだと思っていました)その言葉がかなり胸に突き刺さりましたね〜(^^;;
それから合わせ鏡で頭頂部を確認してみたところ、たしかに友人の言う通りかなり薄毛が目立っていたのです。頭皮が見えていて大変ショックを受けました。
それからというもの、薄毛対策を調べて色々と実践してみることにしました。
まず始めてみたのが、育毛マッサージです。
ですが育毛マッサージは頭皮にダメージを負わせてしまう場合もあるので優しくマッサージをしなくてはいけません。
頭皮を両手で掴み、グッと後頭部に引っ張ります。それを数回繰り返すとじんわりと頭皮が温かくなっていくのがわかりました。
頭皮の血流促進が目的なのでこれでOK!
その他には、髪の毛に良い食べ物を食べるように心掛けるようになりました。
例えば、海藻類です。
海藻類は血流促進の効果がある成分があります。ワカメ、昆布、ひじきを毎日食べていました。
他にも卵やレバー、緑黄色野菜などは髪の毛を作る為に必要なタンパク質やアミノ酸があります。
どれも日々の食生活に取り入れやすいものばかりですし良いですよね。
シャンプーのかけ方も変えてみました。
泡立ちの良いシャンプーを使うようにして、指の腹で優しく洗うようにしています。
頭皮は蒸れると良くないのでお風呂上がりは必ずしっかりと乾かすようにしています。
そして肝心の生活習慣の改善。
睡眠は0時前には必ず取るようになりましたし、お酒や煙草は控えるようになりました。
色々と薄毛対策を試してみましたが、今では頭頂部の薄毛があまり目立たないようになりました(>人<;)!
努力の賜物です。生活習慣が原因で薄毛になっている場合もあるので、改善できることは何かあると思います。
それでは今日はこの辺で失礼します。

鏡で自分の頭髪を見ると明らかに薄くなっていることが確認出来るようになると、鏡を見るたびに気分が落ち込んでしまう状態になります。

このような薄毛の状態を放置していると、将来的にハゲてしまう可能性は十分に高いため、症状が進行しているのを早めに止める必要があります。

ただ、その為には基本となる育毛剤を購入して頭皮に塗布していく習慣が必要となってくるのですが、自分がハゲている状態を認識したくないので、なかなか育毛剤を買いに行く勇気が出てこない状態が続くのです。

しかし、薄毛の状態を自分で自覚して対策をしていかないと、いつまでも抜け毛の量が増えてしまい、薄毛の状態が悪化することは間違いないのです。

ここでポイントとなる育毛剤を使う事になりますが、どの育毛剤が良いのか迷った場合は会社の上司や知り合いなどに育毛剤の効能などについて聞いてみる事が大事です。

多くの人が支持する人気の育毛剤を使って、自分の頭皮でどれくらいの効果が出るのか確認していく事が大事であり、その確認作業をしていくだんかいで、自分の頭皮にもっと合う育毛剤がどのような製品であるのが分かってきます。

そうなってくると自分の判断で新たな育毛剤を使い始める事ができるはずですが、この時ある程度余裕を持って育毛剤を使うスケジュールを考慮するべきです。

育毛剤の効果がしっかりと発揮されるまでには3ヶ月以上は必要と考える事が大事であり、あまりにコロコロと育毛剤を変えすぎると、どの育毛剤の効果が現れているのが判断が難しい状態になります。

その為、育毛剤を購入するときにはまとめて複数本購入し、数ヶ月使い続ける覚悟で選択するべきです。このように自分の頭皮にどのような有効成分が効果が高いのか検証していく対策が必要であり、その為にはある程度の期間が必要です。

育毛剤選びで有効なのは、予算でラインを引いてしまうのではなく、自分の頭皮に良い効果が出る可能性があれば高い育毛剤でも積極的に使って結果を出してみることが大事です。

夢のなかで私の髪の毛はふさふさです。若い頃のように髪の毛があり、青春時代や若い頃を謳歌しています。笑顔の耐えない夢を見ています。
しかし目が覚めると、薄毛でハゲている自分が出迎えます。薄毛の自分が夢だったらいいのに、と思ってしまうのです。しかし現実はそう甘くなく鏡に自分が映るたび、私がハゲていることを主張してくるのです。
それを見るたび卑屈になってしまいますし、若い頃は卑屈ではなく、夢のなかのように笑顔の耐えない自分だったことを思い出してしまうのです。
なぜここまで性格が変わってしまったのだろう、といつも思うのです。そしてその原因は自分の髪の毛にあると分かってしまうのです。分かっているからといって治すことができるものでもなく、年をおうごとに更に髪の毛が薄くなっていく自分がいます。
寂しくて仕方ないです。
思えば父親も髪の毛が薄い人でした。育毛剤を使う父親を見ながら、心のなかでバカにしていたのですが、まさか自分も髪の毛を気にして市販の育毛剤を使うようになるとは思ってもいませんでした。あのとき、心のなかで父親をバカにしなければハゲなかったのだろうか、と考えてしまいます。自分が何か悪いことをしたからハゲたのかと思ってしまいます。これからの行いをよくするから髪の毛よ生えてくれ、と思ってしまいます。しかし髪の毛は生えませんし、どんどん抜けていきます。
最近では髪の毛を洗うと余計に薄くなるのではないか、と思いあまり力をいれないで洗うようにしています。しかしそれでは逆に汚れが落ちずに余計に髪の毛が薄くなってしまう原因かもしれない、とも悩んでしまうのです。ジレンマです。髪の毛を洗うことだけでもこんなにジレンマがあります。
同僚の髪の毛がふさふさなのを見ると、同い年なのに何が違うのだろう、と思ってしまいますし、ニコニコしている同僚に対しても卑屈になってしまいます。
薄毛なだけで自分がどんどん卑屈になってしまうのですが、この性格を変えたいですし、髪の毛も生えてきてほしいと思っています。